株式会社アイホーム

新築マイホームのキッチンはどう選ぶ?使いやすいキッチンのポイント5選

新築マイホームのキッチンはどう選ぶ?使いやすいキッチンのポイント5選

新築マイホームのキッチンはどう選ぶ?使いやすいキッチンのポイント5選

画像:アイホーム施工例

キッチンはリビングに次いで、マイホームの中心になる場所。
毎日使うものだから、使いやすさやデザイン性にもこだわって選びたいですよね。

この記事では、愛媛県松山市で注文住宅を手掛けるアイホームがキッチンの選び方のポイントをご紹介します。
松山市・伊予市・東温市・松前町・砥部町で新築を考えられている方はもちろん、マイホームを検討されている方はぜひ参考にしてください。

憧れのマイホーム。キッチンの形はどれにする?

大きく分けると、キッチンには「非対面型キッチン」と「対面型キッチン」の二つがあります。
キッチンの形によって必要なスペースが変わるので、それぞれの特徴を知って間取りを考えるときまでに選んでおくのがおすすめです。

【非対面型キッチン】

壁付けキッチンとも呼ばれ、シンクやコンロといった作業台が壁に面しているタイプ。
キッチンのスペースをコンパクトにすることができ、調理に集中したい方にもおすすめです。
一方で、壁に向かって作業をするためリビングやダイニング側とのつながりが悪く、子どもの様子を見ながら料理をしたい方には使いづらいかもしれません。

【対面型キッチン】

リビングやダイニングに向かい合うように作業台を設置するタイプのキッチン。
視界が開けているので、リビングでくつろぐ家族とのつながりを感じられ、広々とした開放感のある作りです。
調理中の匂いや音が広がりやすい、リビングからも視界に入りやすいためこまめに整理しておく必要があるなどのデメリットがあります。

【キッチンの形は主に5タイプ】

アイランド型

・対面型キッチンのみ
・作業台が壁に面していない
・複数人で調理しやすく開放的
・作業台の両側に通路スペースが必要

ペニンシュラ型

・対面型キッチンのみ
・作業台の左右どちらかが壁に面している
・アイランドキッチンよりもコンパクトに収まる

画像:アイホーム施工例

I型

・対面型、非対面型どちらもOK
・シンク、調理スペース、コンロが直線状に並ぶ
・コンパクトなキッチンにできる

II型

・対面型、非対面型どちらもOK
・シンク、調理スペース、コンロが2列に並ぶ
・調理スペースを広くとることができる

画像:アイホーム施工例

L型

・対面型、非対面型どちらもOK
・シンク、調理スペース、コンロがL字状に並ぶ
・動線が短く調理がスムーズ
・コーナー部分が使いづらい

使い勝手のいいキッチンにするための5つのポイント

【作業台の高さ】

作業台の高さが身長に対して高いと、カボチャなどの硬いものを切りづらかったり、肩こりの原因になったりします。
また、身長に対して低いと、前かがみでの作業になるので腰痛の原因に。
そのため、メインで使う人の身長に合わせて、使いやすい高さを選ぶのがおすすめです。

使いやすい高さは、「身長(cm)÷2+5cm」で求めることができます。
キッチンメーカーや製品によって異なりますが、80cm・82cm・85cm・88cm・90cmなどから希望の高さを選べます。
ちなみに私の場合は「身長155cm÷2+5cm」なので82cmのキッチンがベストですが、夫と身長差があるので85cmの高さを選びました。
身長に対してちょっと高めですが、スリッパで調整できるのでそれほど気になりません。
ぜひショールームで使いやすい高さをシミュレーションしてみてくださいね。

【キッチンのレイアウト】

画像:アイホーム施工例

シンクからコンロまで一直線につながるI型の作業台の標準的なサイズは、2m55cmが一般的。
作業スペースはなるべく広い方がいいように思えますが、広すぎると移動距離が長くなってしまい、反対に使いづらくなることも。
冷蔵庫・シンク・コンロ・カップボード(食器棚)を結ぶラインが長くなりすぎないようなレイアウトにすると使いやすくなります。

また、キッチンと背面のカップボードとの距離も大切です。
コンパクトなキッチンにしようと通路幅を狭くすると、物が取り出しにくかったり、複数人で調理するときにすれ違うことが難しくなります。
我が家の場合、通路幅は約110cm。お鍋などを持っていても楽々すれ違えますよ。

【カップボードなどの収納スペース】

対面型キッチンの場合、背面のカップボードをどうするか悩みますよね。
アクセントクロスを使って、オシャレなオープン収納にしてしまうのも憧れます。
でも、我が家の場合は私の性格上オープン収納をセンスよく使いこなせるイメージがまったくなかったので、吊戸棚をつけました。
そしてカップボードの上にオーブンレンジやトースターを置くスペースにし、置きたい家電の数に合わせてコンセントを増設しています。

【食洗機、つけるorつけない】

家事を楽にしてくれる食洗機は、ぜひつけたいもの。
ですがこれも人によって使いやすい、使いにくいがあるので要検討です。
1日分の食器をまとめて洗いたい、フライパンやお鍋も一緒に洗いたいなら深型食洗機か、大型の海外メーカー食洗機がおすすめです。
我が家は標準プランの浅型食洗機なので、ちょっと食器が多くなると入れるのに四苦八苦してしまいます…。
ないよりはマシ!ですが、深型も検討すればよかったなとちょっとだけ後悔しています。

ビルトインタイプの食洗機は、キッチンの収納スペースを削って取り付けます。
結局食器はすべて手洗いしている、食洗機はただの水切りかご…となりそうな方は、思い切って食洗機をつけないという選択肢もありですよ。

【コンロをIHにするか、ガスにするか】

キッチンに設置するコンロは、電気を使うIHクッキングヒーターか、ガスか決める必要があります。
我が家はマイホームではお手入れのしやすさからIHを選びましたが、それまではガスでした。
そのためIHに慣れるまでは、やはり火加減の調整が難しかったです。
ですが、IHはお湯が沸くのがガスよりも速い、熱が発生しづらいので夏の調理も苦にならないなどのメリットを感じています。
また、火を使わないので、火事のリスクも低いので安心です。

キッチンのデザイン性にもこだわりたいなら

対面キッチンのように、リビングからも目につきやすいキッチンは、インテリア性にもこだわりたいですよね。
リビングやダイニングとのつながりを大切にした、オシャレなキッチンが増えています。

【おしゃれなワークトップ】

キッチンの目を引くワークトップ(天板)の素材には、ステンレスや人工大理石などが選べます。
ステンレスのワークトップは耐水性や耐熱性に優れ、人工大理石よりもコスト面を抑えることができます。

近年ではインテリア性の高い人工大理石のワークトップの人気が高まっています。
我が家はキッチンの雰囲気を明るくしてくれる、ホワイトの人工大理石を選びました。
お手入れも簡単で、色素沈着が気になるときはクリームクレンザーで磨いたり、カビ取り剤などで漂白すると真っ白に戻ります。
ステンレスシンクと比べて水垢汚れがほとんど目立たないのも嬉しいポイントです。

【インテリア性を左右する扉の面材】

キッチンの印象を大きく変えるのが扉の面材です。
木目調のものからモルタル調まで幅広い面材を選べます。
また、キッチンメーカーによっては本物の木材を使った、高級感のあるキッチンも。
お好みのインテリアに合わせて、キッチンメーカーを選ぶのもいいですね。

【リビングとの調和を大切にするならショールームを活用しよう】

ワークトップや面材は、カタログで見てもなかなかイメージしづらいもの。
できればショールームに足を運んで、実物を見ながら選ぶのがおすすめです。
ショールームを見学するときには、可能であればフローリングのサンプルなども持ち込むと、面材選びがスムーズにできますよ。

まとめ

キッチンは毎日欠かさず立つ場所なので、ぜひたくさん考えて後悔のないキッチン選びを楽しんでください。
決めることがたくさんありますが、まずはキッチンの形とレイアウトを決めておけば、間取り作成ができます。
面材や細かな設備は、間取りが決まった後でもゆっくりと考えることができます。
ショールームもうまく活用しながら、ぜひ楽しい家づくりをされてくださいね。

アイホームでは、完成見学会や無料相談会など各種イベントを実施中です。
特に、お施主様のこだわりがたくさん詰まったお家を見て学べるチャンスは貴重です!
ぜひお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。