長期優良住宅仕様、省令準耐火構造

Facebookはこちら Instagramはこちら

高性能な家

全て長期優良住宅仕様、省令準耐火構造

長期優良住宅とは、長期にわたり住宅を良好な状態で長持ちさせる為に必要な基準を設け、その基準をクリアした家のことです。 
私たちがつくる家は、全てがこの長期優良住宅の対象です。 新築の時だけでなく、将来のメンテナンスのしやすさまで評価される為、信頼性の高い「技術」と「性能」の両方が必要です。 例えば近年、急速に見直されている耐震性についても、世界最高品質の耐震装置を標準で導入するなど、「丈夫で健康な家づくり」をしています。

許容応力度計算による耐震等級3を全棟取得!

政府の地震調査研究推進本部では南海トラフで発生する地震は30年以内に、70%~80%と発表しています。
これは、これから新築する家は70%の確率で震度6以上の地震を体験すると言うことです。こうした予測不可能な地震に対して、愛媛で家を建てる以上は、地震対策がとても重要になります。

耐震等級とは?

地震に対する建物の強さを表す等級で、1~3までの3段階で表されます。 建築基準法で義務付けられている「耐震等級1」は、1回の震度7程度の地震でも倒壊しない程度の耐震性能とされています。しかし建築基準法に定められた耐震強度を守って建てた震度6強~7程度で倒壊しないことを目標に定めているはずの国の耐震基準が、巨大地震への備えとして十分でない可能性が浮かび上がったのです。

 耐震等級3は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同じ耐久性です。 熊本地震のような、2回以上に渡る震度7程度の地震対しては、耐震等級3のレベルが必要です。 更に耐震等級3は許容応力度計算という計算方法で、地震・風・雪などが建物にかける影響力を検証し、各階の強度、偏心、部材にかかる力をチェックします。アイホームでは大きな地震がいつ起きても被害を小さなものとして何十年も住み続けることが出来るようにしております。


アイホーム 施工実績

K様邸 #039

K様邸 #039

N様邸 #038

N様邸 #038

N様邸 #037

N様邸 #037

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。