株式会社アイホーム
Facebookはこちら Instagramはこちら

セルロースファイバー

セルロースファイバー

梅雨が明けてから毎日暑い日が続いていますが、お変わりございませんか。

さて、前回はセルロースファイバーの特徴をお伝えさせて頂きました。
今回はセルロースファイバーの安全性についてお伝えします。

セルロースファイバーの原料は新聞紙になります。
日本製の新聞紙はいまだに石油性インクが一部で使用されています。
断熱材への製造過程でインクは除去されません。
そこで弊社では安全性の高いアメリカからの輸入材 Incide PCのセルロースファイバーを採用しています。

新聞の95%が大豆インクで印刷されています。アメリカ大手新聞(刊行部数1,500万部以上)の95%は大豆インクを使用していますが、
日本の新聞では約64%です。次に外断熱材に使用しているネオポールについてお伝えします。
グレーカラーのネオポールは従来の断熱材であるスタイルポールを改良した製品です。
特殊なカーボンを練りこんでおり、
それが鏡のように熱線を反射することで建物からの熱の損失を防ぎます。
ネオポール断熱材は最小限の投資で最大限のエネルギー消費を削減することが可能です。
暖房費に年間1㎡あたり21リットルの灯油が必要な古いアパートの場合、
ネオポール断熱材を使用することにより、灯油の消費量を年間5リットルまで削減することが可能です。
つまり、80㎡のアパートなら年間灯油消費量約1,280リットル、
CO2排出量は約4,090㎏削減できることになります。


↓弊社で採用しているセルロースです。1袋に約15㎏入っています。

IMG_0796.jpg


明日、明後日開催の、東温市での完成見学会をさせて頂くお家には、
壁・天井にこのセルロースが100袋分入っています。

断熱性能が非常に高い【ダブル断熱工法】+【全館空調 マッハシステム】のお家。
エアコン1台で、お家全体が涼しく快適です。是非体感しにお越しください!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。