株式会社アイホーム
Facebookはこちら Instagramはこちら

敷地の日当たりについて

敷地の日当たりについて

こんにちは。和真です!


北側道路の土地で新築を考えられる場合のお話です。


この夏季、実際に現地を見に行った敷地は日当たり良好で
南側には1メートル弱の小道を挟んで総2階の既存の隣地が建っている状況でした。


この時に気を付けたいのは冬場の日当たりはどうなっているかです。
夏の太陽高度は約70度で冬は約30度になります。


日照シミュレーションをしてみると11月頃から2月頃までの冬場は南側の建物で
1階の窓の高さには南側の建物の影で太陽光が当たらない敷地でした・・・


周囲の建物に応じて、吹抜けを設けて明るさを確保することや、
1階の南側に大きな窓を設けると、夏は太陽光の熱が入り、
冬は日射が当たらず熱が逃げやすい窓になったり・・・
省エネルギーや快適性からは遠いものとなってしまいます。


敷地を見に行かれる場合は、道路の幅や立地条件等の敷地周辺の状況も重要ですが
北側が道路の場合は特に冬場はどう陽が入るかも想定して考えることも大切だと思います。


test.jpg
実際の冬季のシミュレーション

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。