株式会社アイホーム

二酸化炭素濃度を実測しました

Facebookはこちら Instagramはこちら

二酸化炭素測定器試しました

二酸化炭素濃度を実測しました

徳永和真です!

換気が上手くいっているか知りたくなったので、二酸化炭素計測器を購入しました。

早速事務所に設置してみると、換気扇を止めている状態だとすぐに2000ppmを越える数値になりました。

この数値付近になると眠気に襲われやすいとのことで、意識して換気をしてもらう為に

1500ppmを超えるとアラームが鳴るように設定しました。

 

試しに外の二酸化炭素濃度を測ってみるために、外に30分ほど置いてみると、450ppmという数値になりました。

気象庁のHPで確認してみると、二酸化炭素濃度は年々少しずつ高くなっている状況みたいです。

換気をして外気を取り入れても、当たり前ですがその数値以下にはならないので、改めて実測は楽しいですね!

早速事務所に設置してみると、換気扇を止めている状態だとすぐに2000ppmを越える数値になりました。

この数値付近になると眠気に襲われやすいとのことで、意識して換気をしてもらう為に

1500ppmを超えるとアラームが鳴るように設定しました。

換気扇を回している状態だとこんな感じです。

事務所で一人のときに換気扇が回っていない状態だと900ppm前後と、

二酸化炭素濃度の一つの基準である1000ppm以下とすることの難しさを再確認しました。

これからは意識して数値を見て間隔をつかむ事や、寒くなりますが換気することを意識していきたいと思います!

徳永 和真

  この記事を書いたスタッフ

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。