株式会社アイホーム
Facebookはこちら Instagramはこちら

ヒートショック

ヒートショック

こんにちは。アイホーム宇野です。
あまり風邪とは無縁なのですが、咳が出だして今は声が出なくなってしまいました。
咽頭炎でした。
声が出ないと困ることが多いですね(汗)電話に出れないし、掛けれないし…

朝晩と日中の温度差で体調を崩しやすい季節になってきたので、今日のテーマは
『ヒートショック』です!

入浴中に亡くなるのは全国で年間約1万4000人と推測されており、現在では交通事故死者数よりも多い数字となっています。
その原因の多くはヒートショックである可能性があります。

愛媛県は…
ワースト3位って知っていましたか?

2019.10.15C.png


気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることをヒートショックといいます。この血圧の変動によって、脳内出血や大動脈解離、心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こります。ヒートショックは寒い時、暖かいリビングから脱衣所に移動し、浴槽に入る時などに起こります。リビングから脱衣所に移動した時には、寒さに対応するために血圧が上昇します。そこで衣服を脱ぎ、浴室へ入るとさらに血圧は上昇します。その後、浴槽に入ると、体が急に温まるため、血圧が下降します。特に10℃以上の温度差がある場所は危険とされており、注意が必要です。

2019.10.15A.jpg


ということは、
『ヒートショック』の予防策として、 家じゅうの温度差を抑えることが大切ですね。
床の段差などを減らす、『住まいのバリアフリー』だけでなく、部屋間の温度差を抑える『温度のバリアフリー』にも配慮した住まいは、家族みんなの身体にやさしく暮らしやすい住まいです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。