株式会社アイホーム

冬の理想的な湿度は?適切な湿度でお部屋を快適に

Facebookはこちら Instagramはこちら

冬の理想的な湿度は?適切な湿度でお部屋を快適に

冬の理想的な湿度は?適切な湿度でお部屋を快適に

2021/12/24

冬はお部屋がとっても乾燥しますよね。肌が乾燥したり、喉が痛くなったり…。
加湿器が欠かせない季節となりましたが、実は快適に過ごすためには適切な湿度があるんです。

この記事では、愛媛県松山市で注文住宅を手掛けるアイホームスタッフが、冬の理想的な湿度についてご紹介します。
松山市・伊予市・東温市・松前町・砥部町で新築を考えられている方はもちろん、冬の乾燥にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

冬は乾燥に注意!適切な湿度は40%~60%

快適に過ごすための理想の湿度は、年間を通して40%~60%と言われています。
ですが冬は乾燥しやすく、エアコンを入れると40%を下回ってしまいがちに…。

湿度が低すぎると、肌が乾燥してカサカサになったり、鼻やのどの痛み、ドライアイの原因になったりもします。
また、風邪やインフルエンザ、コロナといった感染症のウイルスは、湿度40%以下の環境で増加しやすくなります。

さらに湿度が低いと身体から水分が蒸発しやすくなるため、体感温度が低くなります。
そのため、暖房の温度を高く設定していても、寒く感じてしまう原因になるんです。

このように、冬の暖房と湿度は切っても切れない存在。
快適に過ごすためには、温度と湿度を上手にコントロールすることが必要です。

加湿器を使うときは過加湿に注意!

乾燥対策には加湿器が欠かせないですよね。
加湿器を使うほかにも、洗濯物の部屋干しや調理などでもお部屋の湿度は上昇します。

そこで気を付けてほしいのが、過加湿。
湿度が60%以上になると、カビやダニなどが発生する原因になってしまいます。

また、室内と外気の温度差が大きく、湿度が高い場合は結露も発生しやすくなります。
結露は窓ガラスにつくものというイメージがあるかもしれませんが、実は壁の内部で発生することもあるのをご存知でしょうか?
結露を繰り返すうちに、カビが生えたり湿気を好むシロアリの被害が出たりすることもあります。

加湿器を使用するときには湿度計をチェックしたり、湿度を自動でコントロールしてくれる加湿器を使うのがおすすめです。
寝室で加湿器を使う場合は、エアコンが消えるタイミングで加湿器もタイマーオフにするなどで、朝起きたときの結露を防ぐことができますよ。
このように、エアコンを使うタイミングのときだけ加湿器を使うようにするなど、加湿しすぎには注意しましょう。

加湿器の置き場所はどこがいい?

加湿機能を最大限に引き出すには、加湿器を置く場所にもポイントがあります。
おすすめの置き場所は、加湿したいお部屋のなるべく中央に置くこと。
エアコンなどの気流に乗って、加湿した空気がまんべんなくお部屋に拡散されます。

とはいえ、お部屋の一番いいところに加湿器を置くのが難しい場合もありますよね。
そんな時には、NGの場所を避けて置けば問題ありません。

【NG置き場所①:窓のすぐ近く】

ガラスが1枚の窓は、外気と同じ程度まで冷えています。そのため窓の近くに加湿器を置くと、結露の原因に。
せっかく加湿をしても窓ガラスに水滴となってついてしまい、湿度が上がりません。
加湿器を置く場所は、必ず窓から離れたところにしましょう。

【NG置き場所②:ドア近くや換気扇のすぐ下】

人が出入りするドアの近くや、換気扇のすぐ下は空気の入れ替わりが多くなります。
そのため加湿した空気が部屋の外に逃げやすいため、加湿器置き場として適切ではありません。

【NG置き場所③:エアコンの真下】

エアコンの真下に加湿器を置くと、加湿器の湿度センサーがうまく働かない恐れがあります。
エアコンの真下ではなく、エアコンから吹き出す風が当たるところに加湿器を置きましょう。

【NG置き場所④:加湿器の吹き出し口が床から近い】

加湿器の吹き出し口が床から30cm以下の場合、水蒸気を大量に含んだ空気が床に当たって、床が結露する原因になります。
小さな加湿器の場合は、机の上や棚の上などに置いて、吹き出し口を床から離れるようにするのがおすすめです。

番外編として、マッハシステムを導入されている場合は、空調室の近くがおすすめです。
加湿された空気を空調室の中に取り込むため、暖かい空気とともにダクトを通じて家じゅうを効率よく加湿できます。
空調室の中に加湿器を入れると、温度が上がらなくなる恐れがあるので必ず外に置きましょう。

マッハシステムについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

まとめ

冬の暖房から切り離せない加湿器。
湿度を40%~60%にコントロールすることで、快適で理想的な環境になります。
加湿器をうまく使って、乾燥する冬を乗り越えましょう!

アイホームでは、随時イベント開催中です。
高気密・高断熱に優れた高機能住宅を体験するには、完成見学会がおすすめです。
ぜひお気軽にご参加ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。